MENU

日本語独特の文章レベルのゆらぎ・
ルーズな文法の問題を解決!

日本語は名詞・動詞・助動詞などが多様な順序で出現します。
「日本語独特の文章レベルのゆらぎ」や「ルーズな文法」で書かれた文章は、
従来の日本語自然言語処理技術では正確に解析することが困難でした。
バズグラフ社は、文中の名詞(物の名前)ではなく、名詞以外の語句との
つながりに特に着目しました。
そのつながりを判断することで、文の構造を正確に把握することができ、
ゆらぎやルーズな文法を含んだ文章を解析することが可能になりました。

アプリケーションシステム
組み込みが可能!
あらゆるビジネスの可能性が
広がります。

バズグラフ社の言語解析を使ったマシンチャットサービス

独自の言語解析技術を応用したチャットボットシステムで回答精度を向上

対話型インターフェースによる情報提供・告知・誘導

特定キーワードの抽出を行い、マーケティングなどの分析精度を向上

グラフ(つながり)構造を意識して
命名された技術

バズグラフ社の名前はグラフ構造と言う脳の神経系に似た構造を意識して命名されました。

知識間のつながりの強さと、機能を同時にデータベース化することで、高速かつ自在に知識データを操作しようというものです。

構文解析、意味解析の精度アップにも応用できます。

そして、究極の目標は文章から知識を自動生成し、自動操作するシステムを開発することです。

言葉と言葉をつなぐファンクション(機能)をデータベース化し、意味を理解できる形で文章を作っていく。



ご相談・ご質問等、
お気軽にお問い合わせください。